history

 

昭和58 8月 海外マーケット向けカメラストロボ用トランスコイル製造提供会社として創業
昭和 58 12月 国内マーケット向けストロボ用トランスコイル製造提供開始
昭和59 3月 高周波SW電源用トランス類製造提供開始
昭和60 1月 資本金を500万円から1,000万円に増資
昭和61 11月 本社を東京都日野市に移転
昭和62 5月 各種照明用インバータートランス製造提供開始
平成元 12月 業績の進展に伴い資本金を3,040万円に増資
平成 1 9月 タイ工場をタイ国ランプーンに設立
平成 3 9月 山梨分室を都留市に設立
平成 5 5月 業績の進展に伴い資本金を3,200万円に増資
平成 7 8月 中国遼寧省丹東市に合弁会社を設立
平成 7 10月 パワーインダクタコイルの設計・製造を開始
平成 8 4月 香港に営業所を設立
平成 8 7月 本社を東京都日野市より東京都八王子市に移転
平成 9 2月 タイ工場ISO9002取得
平成 11 3月 ラオス工場稼働
平成 11 5月 山梨分室を海外工場へ移転集約
平成 11 11月 デジカメ向け表面実装型ストロボトランスの量産納入開始
平成 12 1月 SMDパワーインダクタ提供開始
平成 12 2月 タイ工場ISO9001:2000取得
平成 12 3月 超小型トリガーコイルの量産納入開始 体積比で30%の小型化に成功
平成 12 4月 インバータートランス 25万/月規模での納入開始
平成 12 5月 高耐圧トリガーコイルの量産納入開始
平成 12 8月 完全磁気シールドタイプ表面実装型パワーインダクタの量産納入開始
当社比で1.5倍の特性改善実施
平成 13 7月 小型低背ストロボトランス供給開始
平成 14 2月 封止型トリガーコイル供給開始
平成 14 12月 小型リフロー対応トリガーコイル供給開始
平成 16 8月 タイ工場ISO14001:1996取得
平成 16 10月 関西分室設立
平成 17 3月 東京線圏香港有限公司深セン事務所設立
平成 17 10月 超小型昇圧トランス供給開始
金属系パワーインダクタコイル供給開始
平成 17 12月 ラオス工場ISO9001:2000取得
平成 18 液晶TV用パワートランス、CCFLバックライト用バランストランス開発・提供
平成 19 液晶TV用パワートランス、バランストランス本格量産
平成 19 8月 タイ工場ISO14001:2004取得
平成 19 12月 ラオス工場ISO14001:2004取得
平成 21 2月 タイ工場ISO9001:2008取得
平成 22 11月 ラオス工場ISO9001:2008取得
平成 24 2月 パワーインダクタSHPシリーズ タイ工場自働化ライン構築開始
平成 25 ストロボ用トランス/トリガーコイル ラオス工場生産集約
平成 26 IOTによる品質、生産状況見える化管理 タイ工場/ラオス工場
平成 27 スマート化により省人化生産対応開始
平成 27 9月 名古屋営業所設立(関西分室移転)
平成 28 TWタイランド(TWT)設立
平成 28 8月 タイ工場ISO14001:2015取得
平成 28 12月 ラオス工場ISO14001:2015取得
平成 29 中国工場/丹東大東線圏工程有限公司(DCE)合弁解消
平成 29 タイ工場/ニッケルフェライトコア生産開始
平成 29 12月 ラオス工場ISO9001:2015取得
平成 30 2月 タイ工場ISO9001:2015取得
平成 30 5月 ラオス工場  ソニーグリーンパートナー取得認定
平成30 8月 タイ工場IATF16949:2016取得

TOP

TOP